リペアジェル

リペアジェルが医薬部外品でない理由

リペアジェル

 

リぺジェルは効果エイジングケアに効果あり!と医学会で認められ、
リペアジェルを使った92.9%の皮膚科医がその継続を希望しています。
なのに、リペアジェルは医薬部外品ではないんです。
というか、その申請をしていないのです。
普通は医薬部外品の方が効果あり!でそうするはずなのですが、リペアジェルは違うんですね。

 

というのも、医薬部外品はあらかじめ決められた一定の成分と配合量の中でしかつくることができず、未開封で3年以上の品質保持が条件のため、
石油由来の防腐剤を配合しないといけないのです。
一部の石油由来の防腐剤には肌へのダメージを与えるものがあり、
植物エキスでも精密度が低ければ肌トラブルを起こす可能性があります。

 

その点、100%植物由来のリペアジェルなら安全性も確かで肌へのトラブルの可能性も低くなる。
ただ、防腐剤が入っていないため、使用期限は未開封でも半年内になってしまう。
リペアジェルは安全性にこだわるからこそ、あえて医薬部外品の申請をしていないのだそうです。

 

医薬部外品でなくても医学会でその効果が認められているリペアジェルだからこそ安心して使えますね。
それは皮膚科医やメイクアップアーティスト、タレントなど美のプロたちから支持されていることからもわかります。